株式会社Ruby's
株式会社Ruby's
株式会社Ruby's
Know-how

個人でネットショップを運営する際の注意点とは?メリット・デメリットも解説!

ネットショップ 運営

「オリジナルの化粧品販売に興味があるけれど、自分にできるのだろうか?」

「個人でもネットショップを運営できる?」

そんなお悩みをお持ちの方も多いかもしれません。

今の時代、自社ブランドを立ち上げて販売を行うためには、ネットショップの運営が欠かせないツールとなります。

しかし、ネットショップの運営なんて、個人でもできるのかな?と不安に感じる人もいるでしょう。

そんな不安は必要ありません!事前にしっかりと準備を行い、運営方法を間違わなければ個人でもネットショップを成功させることは可能です。

そこで今回の記事では、個人でネットショップを運営する際の注意点やメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。これからオリジナルブランドを立ち上げて、ネットショップで販売していきたいとお考えの方の参考になると幸いです。

個人でネットショップを運営する際のポイント

ネットショップを運営するためには、まず最初に「ネットショップの開業」を行う必要があります。開業の方法や種類についての詳しい流れについては、こちらの記事に記載していますので、是非チェックしてみてください。

ネットショップを運営するためのポイントは、大きく分けると3つです。

  • 親切丁寧な対応が鍵!安心して利用してもらえる工夫をする
  • 重要な部分には、しっかり費用をかける
  • 集客に力を入れる

それではひとつずつ確認していきましょう。

安心して利用してもらえる工夫をする

ネットショップは、顔が見えないからこそ、信頼を得るのが難しくなります。安心して利用してもらえるよう、ショップサイトには必要情報をしっかり正確に記載しましょう。

特に運営開始直後は、利用者にとって大切な口コミや評判も「ゼロ」からのスタートとなりますので「このショップで購入しても大丈夫かな?」という印象を持たれてしまう可能性も。

運営者情報を明確にし、問い合わせなどには迅速丁寧に対応することを心がけましょう。

重要な部分にはしっかりと費用をかける

ポイントの2つ目は、重要な部分にはしっかりと費用をかけることです。自分でお店を運営する際には、どうしても「初期投資」を抑えることに尽力してしまうかもしれません。

ネットショップ開業の資金が必要になるだけではなく、販売アイテムを仕入れる費用や今後の運営資金もかかるため、少しでもコストを削減したいという思いが強くなってしまいます。

しかし、初期費用を抑えたいという気持ちばかりが先行してしまうと、すぐに後悔するケースも。他のライバル商品の中に埋もれてしまったり、イメージ通りのアピールができないなど、失敗する可能性を高めてしまいます。

ネットショップでは、非常に多くの商品が販売されているため、差別化に期待が持てそうな部分にはしっかり費用を充てるのがおすすめです。節約できそうなところでは費用を抑え、商品の売上やアピール・差別化に期待できそうな重要な部分には、惜しまずに投資しましょう。

集客に力を入れる

最後のポイントは、集客に力を入れることです。大手の企業がネットショップで商品を販売するのであれば、広告費に充てられる資金も多く、スタート当初から話題性や知名度もあるでしょう。

しかし、一個人が商品を販売する際には、まず第一に「知ってもらう」ことが大切です。どれだけ自信のあるアイテムを販売するとしても、認知されていなければ売上につながることはありません。

ネットショップを開業してからが、本当の意味でのスタートとなります。現在は、無料で活用できるSNSもたくさんありますし、少ない費用で利用できるWEB広告(メルマガ広告やSNS広告)も豊富です。

ターゲット設定を明確にし、1人でも多くの人に商品について興味を持ってもらえるよう、アピールし続けることがポイントになるでしょう。

個人でネットショップを運営するメリット

個人でネットショップを運営するメリットは、大きく分けると3つあります。

  • 経費を削減できる
  • マイペースに運営ができる
  • 人間関係のトラブルが起こらない

順番に解説していきます。

経費を削減できる

メリットの1つ目は、経費を削減できる点です。初めてのネットショップ開業・商品の販売など、わからないことばかりなので、スタッフを雇いたいという気持ちになることもあるはず。

しかし、そのためには「給料」を支払うことになりますので、人件費がかかります。まだ見通しが安定していない開業当初は大きなリスクとなってしまうでしょう。

その点、自分1人で運営する場合には、そのような心配も必要ありません。また、全て自分で取り組まなくてはならないため、ネットショップのノウハウや全容を理解できるようにもなるのです。

また、多くのスタッフを雇った場合には、自宅以外に「仕事場」が必要となります。固定費が大きくなってしまうことが予想できるでしょう。しかし、個人の場合は、自宅を仕事場にできるので費用を削減できます。

マイペースに運営することができる

2つ目のメリットは、自分のペースで運営できることです。オンオフの切り替えもしやすく、仕事量も調整することが可能。

意思決定や日程管理もスピーディーに行えるため、余計なプレッシャーなどで頭を悩ませることも少なくなります。

万が一、軌道に乗らず、廃業を検討する際にもスタッフがいる場合には躊躇することも。しかし、1人で運営していれば、柔軟な対応ができるため、リスクを最小限に抑えることができるのです。

人間関係のトラブルが起きない

メリットの3つ目は、人間関係のトラブルが起きないことです。仕事をしていく上で、ちょっとした連絡ミスやコミュニケーション不足から、大きなトラブルになるケースも少なくありません。

人間関係のトラブルは、精神的にも大きなストレスとなり、業務に影響を及ぼしてしまいがちです。

しかし、自分1人でネットショップを運営するのであれば、全て自分の責任ですしスタッフ同士のトラブルに頭を悩ませることもありません。

個人でネットショップを運営するデメリット

個人でネットショップを運営する上でのデメリットは次の2つです。

  • 仕事量が多すぎて対応しきれない
  • 多くのスキルを身に付ける必要がある

それでは順番に紹介していきます。

仕事量が多すぎて対応しきれない

ネットショップを運営するためには、さまざまな仕事をこなさなければなりません。例えば化粧品OEMであれば、商品の企画開発から始まって仕入れをし、注文が入れば梱包・発送の手続きを行います。

もちろん、それだけではなく「在庫管理」「顧客管理」「SNSでの集客」「ECサイトや自社ネットショップの管理」「問い合わせ対応」など、やらなければならない仕事が山積み!作業が追い付かなくなってしまったり、対応しきれない場面も増えてくるかもしれません。

この他にも、データ分析や売上の集計・新たな集客方法の検討などがありますので、慣れるまでにはかなりの時間を要するでしょう。

多くのスキルを身に付ける必要がある

上記でも解説した通り、ネットショップの運営を行うためには、数多くの業務をこなす必要があります。スタート直後はわからないことがたくさんあり、自信を失ってしまうこともあるでしょう。

ショップ運営のノウハウや知識を身に付けるためには、時間と努力が必要不可欠です。商品販売を成功させるためにも、多くの知識を身に付けて前向きに取り組みましょう。

化粧品OEMならRuby’sにお任せください!

「化粧品のオリジナルブランドを立ち上げたい」「こだわりの成分を使った化粧品を作りたい」と検討中の方は、Ruby’sにお任せください。オリジナル化粧品の開発・販売が初めてという方にも安心してご利用いただけるよう、徹底したサポートを行っています。

お客様のどんな要望にも寄り添い、細やかでスピーディーな対応をお約束いたします!商品の提案も可能ですので、ぜひ1度お問い合わせください。

まとめ|個人でネットショップを運営することは可能!前向きにチャレンジしよう

今回の記事では、個人でネットショップを運営する際の注意点やメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。ネットショップを運営するためには、非常に多くの仕事をこなす必要がありましたね。

対応しなければならない業務が山積みで、慣れるまでには多くの時間と努力が必要不可欠であり、数多くのスキルや知識を身に付けなければなりません。

しかし、個人でネットショップを運営するメリットも多く、固定費を削減できる点や自分のペースで仕事ができるといった魅力もあります。必要最小限のリスクでスタートできるのが嬉しいですね。夢の実現に向けて、前向きにチャレンジしてみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

髙市 康平
株式会社Ruby's 代表取締役 髙市 康平 【経歴】

2014年~2021年:医療機関専売化粧品メーカー(株式会社メイフラワー)にて営業/企画開発/マーケティングに従事。
海外輸出やクリニックオリジナルのOEM商品の開発などにも携わる。
2021年~:株式会社Ruby'sを設立

カテゴリー Ruby'sのLINE公式アカウント

まずはお気軽に
お問い合わせください

初めての化粧品OEMでもご安心ください。
些細な事でもお気軽にお問い合わせを
お待ちしております。