株式会社Ruby's
株式会社Ruby's
株式会社Ruby's
Beginners-support

化粧品のマーケティングで押さえておきたいポイントは?おすすめの手法も紹介!

化粧品 マーケティング

オリジナルの化粧品販売に興味はあるけれど、どのようにマーケティングすれば良いだろう?とお悩みの方も多いはずです。

また、自社ブランドの化粧品開発には成功したけれど、マーケティングでつまずいてしまったという場合もあるかもしれません。

トレンドの移り変わりが激しい業界のため、効果的なマーケティング方法が難しく、挫折しそうになることもあるでしょう。

本記事では、化粧品マーケティングにおけるポイントや手法について詳しく解説していきます。

化粧品マーケティングのポイント

化粧品を販売するにあたって、知っておきたいポイントを3つ解説していきます。

  • トレンドの移り変わりが激しいことを理解しておく
  • 現在は「オンラインショップ」での販売・購入が主流となっている
  • インターネット上で情報収集する消費者が多い

順番に確認していきましょう。

トレンドの移り変わりが激しい業界

化粧品マーケティングのポイント1つ目は、トレンドの移り変わりが非常に激しい業界であることを理解しておくことです。

ファッションでも同じことが言えますが、トレンドは瞬く間に変化していきます。このことからもわかるように「いつまでも同じ化粧品が売れ続ける」というのは難しいのが現状です。

どれだけ消費者の心を掴む化粧品を開発・販売できたとしても、それを長期間維持するのは至難の業と言えるでしょう。トレンドに合わせて人気アイテムを先読みし、定期的に化粧品の改良・開発を行うのがベストです。

オンラインショップでの販売・購入が主流

覚えておきたいポイントの2つ目は、現在の主流がオンラインショップでの販売や購入が一般的となっている点です。

マーケティング戦略を立てる際に、オンラインショップをどうアピールするかが成功への鍵といえるでしょう。

オンラインショップのデザインは、化粧品のイメージを伝える方法としても有効で、他社との差別化を図れる場所となります。

インターネット上で情報収集する消費者が多い

以前は、デパートの化粧品コーナーやドラッグストアのコスメコーナーで、実際に手に取ってみて商品の良し悪しを決める消費者が多かったのも事実です。

しかし現在は、インターネット上でさまざまな情報を集めることができます。実際に購入しなくても、多くの口コミや評判に溢れていて、自分に合うものかどうかを判断することができるのです。

その評価が、購入意欲につながる点も覚えておきたいところ。インターネットを使ったアプローチも欠かせません。

化粧品のマーケティング手法3選

ここからは、実際に化粧品マーケティングの手法について見ていきましょう。

おすすめのマーケティング手法は下記の3つです。

  • 自社のホームページを立ち上げる
  • WEB広告を活用する
  • SNSを使ってオリジナル化粧品をアピールする

ひとつずつ確認していきます。

自社のホームページを立ち上げる

化粧品マーケティングの手法1つ目は、自社ホームページの立ち上げです。例えば、あなたが友達とランチに行く際に、お店選びを任されたとします。

美味しそうな料理の画像を見つけたので、住所や他のメニューも調べたいと思った時に、お店のホームページが存在しなかったら候補から外してしまうこともあるのではないでしょうか。

ホームページの作成は、消費者にとって安心感を与え、購入意欲を掻き立てます。気になった商品以外のアイテムも見てもらえる可能性が高まるため、必然的に「売上アップ」にも繋がるのです。

自社ブランドのオリジナル化粧品の販売を検討したときには、ホームページの立ち上げが必須と言えるでしょう。

WEB広告を活用する

2つ目の手法は、WEB広告の活用です。私たちは、1日に何百・何千というWEB広告を目にしています。オリジナル化粧品のマーケティング方法として、WEB広告は欠かすことのできない存在です。

一言でWEB広告といっても種類はさまざま。「SNS広告」「YouTube広告」「リスティング広告」「LINE広告」などがあります。

広告費用も最低限で抑えることができますし、自由度が非常に高いのでおすすめです。

SNS運用を用いてオリジナル化粧品をアピールする

化粧品マーケティングの手法3つ目は、SNS運用です。X(旧Twitter)やInstagram・TikTokやYouTubeなどでフォロワー(ファン)を獲得し、オリジナル化粧品を多くの人に知ってもらいます。

中でも「化粧品分野」に強いSNSは、InstagramとTikTokです。女性からの支持率が高く、オリジナルブランドをアピールするのに相性が良い機能が備わっています。インフルエンサーなどの目に留まることがあれば、瞬く間に売上が伸びる可能性を秘めているのが特徴。

SNSで化粧品の魅力をアピールし、自社のホームページに誘導するなど、さまざまな手法を「組み合わせる」ことも大切です。

化粧品販売を検討している方はRuby’sがおすすめ

「昔からの夢だった化粧品販売に挑戦してみたい」「初心者だけど、オリジナル化粧品を作りたい」とお考えの方は、Ruby’sがおすすめです。

化粧品に関しての知識や経験がなくても問題ありません!専任スタッフが、ゼロからしっかりサポートし、どんなお悩みにもスピーディーに対応しますので安心してお任せいただけます。

ご相談は無料で行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

まとめ|化粧品販売にはWEBマーケティングが重要なポイント

本記事では、化粧品マーケティングで気をつけるべきポイントや、マーケティングの手法について詳しく解説してきました。

今の時代、インターネットを上手に活用しながら商品の良さや魅力を伝えるのが一般的です。宣伝方法も「WEB広告」を利用して、コストを抑えながら、1人でも多くの人に知ってもらうことを意識しましょう。

SNSでのアピールも必須となります。特にInstagramは化粧品との相性が良いため、オリジナル化粧品の魅力を存分にアピールできる場所です。まずは「自社の商品を知ってもらう」ことを意識して、マーケティングを続けていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。以上、参考になると幸いです。

髙市 康平
株式会社Ruby's 代表取締役 髙市 康平 【経歴】

2014年~2021年:医療機関専売化粧品メーカー(株式会社メイフラワー)にて営業/企画開発/マーケティングに従事。
海外輸出やクリニックオリジナルのOEM商品の開発などにも携わる。
2021年~:株式会社Ruby'sを設立

カテゴリー Ruby'sのLINE公式アカウント

まずはお気軽に
お問い合わせください

初めての化粧品OEMでもご安心ください。
些細な事でもお気軽にお問い合わせを
お待ちしております。